スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズキのあら汁



続きです。

スズキのアラを使った汁物をこしらえます(o^-')b。




キッチンハサミを使って切ってしまいましょう!。


背ヒレが無いので楽チンです。






切り終えたら水洗いをします。

今回は、そのまま水の入った鍋に入れて火に掛けます。







いきなりですが…じゃん!。

ズバリ、今回のアラ汁の味の決めになるスズキの肝と脂ワタです!(^^)!。






肝と脂ワタ意外はキレイに取りましょう(*^-^)ノ魚のサイズが大きい物なら具材として胃袋も使います。






実はこの脂ワタの使い方、前回の男鹿での(ルアー)釣行でつりショップ海風のカズ兄さんから教わった事のひとつ。


釣り方だけでは無かったんですね~ちゃっかり漁師料理を学んで来てました(^人^)。



料理人ですから、それだけでも行く価値があったってなもんです…イェイ!。


いっつもありがど!カズ兄さん(≧ω≦)bいつかうめ物ごっつおします。








鮮度が抜群の肝と脂ワタは細かく刻みます。





アラのだし汁がたっぷり出た鍋に味噌を溶かす。

いつもなら最後の工程になりますが、今回はここで(漁師料理っぽさを)狙って味を決めちゃいましょう。


仕上がりがチョッとしょっぱいぐらいの方が味に迫力が出ます(^-^)繊細さよりド迫力を演出したいのです。





それでもやり過ぎはダメですよ(*^_^*)何事もあんばい良く…楽しく。








ネギと豆腐を加えて、ひと立ちさせたらヾ(^▽^)ノ。





味の決めてを入れて、こりゃ~実にいいあんばいだヽ(^^)。








夏の暑さをぶっ飛ばす!スズキ(鱸)のアラ汁の完成です。






味はですね、口に入れた瞬間?!えっ…クジラのかやき?(クジラの味噌仕立て)と思わせるぐらいの超濃厚な味わい。



それでいてスズキの味がほんのり口に残る。


上質な魚の脂ワタと肝の旨味が成せる味と思います。









魚の肝や脂ってのは、レアな食材です。



この味を楽しめるのは、海に生きる方様意外はほぼ釣り人の特権です。



今年の男鹿のスズキは、この脂ワタがギッシリ入っていて釣り物・食材としても素晴らしいです(*^_^*)。




釣ったら是非、クラークに入れて鮮度を保たせ絶品の立役者!肝・脂ワタを楽しんでみてはいかがでしょう(*^.^*)。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど~~最後に味の決め手を入れるんですね!

勉強になりましたよ~♪。

もっこり亭さん

こんにちは!。


今回は釣り人寄りのグルメ更新となっております(笑)。

釣ったら是非試してみて下さい!びっくりする程、美味しくなりますから(*^-^)ノ夏バテにも効きそうな味ですよ。
FC2カウンター
プロフィール

ランチ

Author:ランチ
ランチ@の日記は、『挑戦する事に損はナシ!』をモットーに釣りや料理、何気ない日々を綴った日記です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Youtube音楽PV集


presented by Youtube音楽PV

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。