スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食堂かたつむり。



長らくお待たせいたしました。





この前、ウチの常連さんからお話を聞き、久々に面白かった一本に巡り合いましたのでこちらを更新します(*^-^)ノ。












『食堂かたつむり』






失ったものは恋、家財道具一式と声…



残ったものはおばあちゃんのぬか床ひとつ…



ふるさとに戻り、メニューのない食堂をはじめた倫子。




お客様は、一日一組だけ。そこでの出会いが、徐々にすべてを変えていく。













素直に面白かったですよ~、いやいや(*^-^)ノおもしろシ!。

久々の更新なのに、こんなんで毎回すんません(^_^;)。




とは言え少々感想を述べるとしたら…食べるとはどんな事なのか?生き物を殺して食べるという、当たり前にしてなかなか口に出来ない事を真っ向から描いた作品でもあります。





もちろん自分のチョイスですから怖いシーンは一切なし、内容は親子愛、ほがらか、人情、料理(レシピはありませんが綺麗な料理ばかり)という感じかな(=⌒ー⌒=)いつも通りゆる~いお話し。




食堂かたつむり、そのものが元々小説から映画になった作品です。




前に親友から小説は面白かった~と、教えてもらい何気に気になっていたのですが、ようやく見れました(^-^)/。





小説の映画化なので、見ながらも楽しく考える事が出来と思います…もっとも!料理好きな自分ですから、食を意識して楽しみましたけどね(=⌒ー⌒=)でも、料理人として一日一組なんて理想的じゃないですかね?全力で一組に料理をこしらえる、それが出来たら…最高。









あのシーンもこのシーンもお客様を迎えるシーンは料理人としてちょっと感動でした。


皆さんが見た時の感想はどうでしょう?自分は、なんか…いいな~、面白いな~と言った感じでしたよ(*^_^*)。











お話しは、前回のプールと同じような感じですが、母(良くいって天真爛漫)と娘(しっかり者の倫理的なむすめ)の掛け合いが軸となり進みます。
その流れで倫子(柴咲コウさん)が食堂かたつむりを開く………物語は初め倫子の生い立ち、田舎に戻る事になるまでを歌に綴られながら始まります…………………。





この先は見ていただいた方のお楽しみですよヾ(^▽^)ノ。

最後はまさか?の展開になっちゃいます。

一回目に見た時は、ちょっぴり笑えて感動しましたが、二回目に見た時は、しんみりとした優しさが見て取れてスッキリした感動がありました(。・_・。)ノ。




久々でしたが、オススメの一本!でしたヾ(^_^) byebye!!。











※画像は去年の銀杏を頂きにいった時の風景です。

specialSunkus:tomi先生・back氏
魚=☆☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メニューのない食堂。

それだけでも すごい気になる

『食堂かたつむり』 かぁ。。おもしろそう。。

Menyaさま

いらっしゃいませ!Menyaさんヾ(^▽^)ノ。



なかなか面白い作品でしたよ~(≧ω≦)bオススメの一本です。


主人公の倫子は失恋のショックで声を失ってしまいますが、紙に字を書いて相手とやりを取りします。

倫子役の柴咲コウさん、映画『どろろ』のどろろ役とは一味違った魅力があった作品でしたよ(^-^)/。
FC2カウンター
プロフィール

ランチ

Author:ランチ
ランチ@の日記は、『挑戦する事に損はナシ!』をモットーに釣りや料理、何気ない日々を綴った日記です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Youtube音楽PV集


presented by Youtube音楽PV

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。