スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀州釣り~永易流講習会~

まず始めに、今回の「紀州釣り講習会」の開催にあたり発起人のひとり私ランチから(*^_^*)、カズ兄さん岸 功さん、そして協賛して下さった・fishingclub freedomeast様・つりショップ海風様・マルキュー株式会社様、なによりも秋田に来てくれた永易流創始者、永易啓裕 氏様(マルキューインストラクター)にとても感謝しています。




しかしながら私ランチは、講習会へ参加出来なかった事を参加者皆様、携わった皆様にお詫び申し上げますm(__)m。


当日の自分は、忙しく仕事に向かいながら参加した仲間や一キロを眺めていた釣り友達から連絡を頂きつつ過ごしておりました。



前日にははぎさんがお店に訪れてくれたり、講習会が終わってからはよごでのとごやさんが来て今回の様子を目をキラキラさせながら話してくれたり、さらに初の紀州釣りチャレンジとなった友人のKUSANAGIさんらか「もっとこの釣りをやりたい」などの嬉しいメールが来たりと…自分が紀州釣りを始めたきっかけを下さった岸さんとの出会いに始まり、この釣りで出来た皆様との繋がりにも感謝致しておりました(*⌒▽⌒*)。









講習会へ参加した皆さん、今回自分は参加出来ませんでしたが現場の話しを聞き海の状態は雨の為にタフコンだったけれど、その内容は素晴らし過ぎる程の『講習会』だった様子で『楽しかった』『参加出来て良かった』『とっても勉強になりましたよ~』などなど後からお話しを聞かせてもらっています(*^.^*)。



現場で感じれる事が自分には出来ませんでしたが、また来年も企画が出来たら?自分は思っています!えっまぁ~今度こそ参加したいからですよ、懲りない男なのです(笑)。





その時を楽しみにいい海釣り日和を夢見てヾ(^▽^)ノ!紀州釣り~永易流講習会~参加者の皆様、講師をしていただいた、岸さん、はぎさん、永易さん、お疲れ様でした。





16日に行われた『紀州釣り永易流講習会』こちらの模様はいずれ・つりショップ海風岸 功さんたげさん・この日を楽しみに駆け付けてくれたはぎさんも更新する事でしょう!兄さん達~師匠達~丸投げしてホントごめんなさい(^人^)。




















さて…話しは変わりますが、ちょっぴり『紀州ダンゴ釣り』の更新をしたいと思います。



先週の話しですが…少しの時間、講習会の会場となる一キロ防波堤でニギニギと楽しんで来ました。






カズ兄さんから現場のアドバイスも貰いつつ、心弾ませ現場に到着。











しかし、仕掛け作りやエサ作り…最近やってないと動きが鈍く~なにやってんだかぁ、なんて独り言を言ったりして(笑)。



のんびりと紀州ダンゴ釣りスタートヽ(´ー`)ノしゃ~っ。




入れて直ぐに、ダンゴ当たりが出る。



ん、これは活性化がいい……イケるかも?。







まず釣れたのは、ハゼ。






それからアジの猛攻、コレはカズ兄さんの助言に入っていたので心して握りを固くし回避。






フグのラッシュ(笑)針を切られまくるが…チヌが近付いて来ている事を確認?多分。






それからダンゴを入れ続けて一時間ぐらいか?チヌからの強い当たりが永易ウキに出始める。



よ・・・寄りやがった(笑)。



これまでのエサ取りあんばいから考えてパサいダンゴでギッチリ握り、5~10センチ幅よりあるか?チョイと棚を上げて底にはわせる。



そして数投後…ゴン!!ダンゴが割れて永易ウキがぐらつく…ユラユラと動くウキがピタリと止まり、水面へ引き込まれていく。



絵に描いた様な当たりにシビレル自分…………キタ…………!。








小チヌながらも引きが強く、久々の感覚を蘇がえらさせてくれましたよ(*^_^*)。




待ち望んだ釣り、ダンゴの周りにいる魚を知らせる永易ウキからの反応、それを見て、寄ったチヌへのアプローチ…全てがひとつとなった瞬間です。





ダンゴ釣りは磯釣りのタックルをそのまま利用出来るので、浮きがあれば後はやり方をちょっと知れたら…かなりやりごたえのある釣りだと思います(いろんな意味で…笑)。


なにしろエサ取りに強く、積極的な攻めの釣り。


やる度に本命を手にするまでの流れを理解しやすい事も魅力的なのではないでしょうか?。



ねっ!たげさん、よごでのとごやさん(笑)。



それから時が経ち、チヌを数枚掛け昼頃に終了となりました(*^_^*)おもへがったよ男鹿の海よ今回もあんがど。









ーリンクのお知らせー










この度、ひげちぬ事はぎさんとリンクをしました(o^-')bイェイ!。


はぎさん、ステッカーありがとうございました(*^-^)ノ秋田に来たらまたお立ち寄り下さい。



うちのブログともども、よろしくです(*^^*ゞ。








スポンサーサイト

素晴らしきかな大雅杯!。

6月13日、待ちにまった大雅杯の日。



休みを頂いて参加してきました(*^_^*)まずは家族へ感謝です。


大会を楽しく過ごす事と美味しい魚を釣ってくる事を心に誓い出発(笑)。


集合場所のつりショップ海風に到着したのは午前4時過ぎ。



我らが若旦那と岸さんのあいさつとルール説明を聞いて、自分の中でいよいよ大雅杯が始まります(=⌒ー⌒=)。








加茂の港に到着。





久々に乗る大竹丸さんに揺られ上黒島に上がりました。






一緒に上がったお方は自分の中で勝手に思っている男鹿磯スーパースターの1人、齋藤大輔さんではないか(^-^)イェイ!。



時折吹く強風の中、久々に来た加茂磯からの素晴らしい景色を眺めつつ小一時間ぐらい二人で和みながらおしゃべり&磯の上でプチ清掃活動をする。








齋藤大輔さんの事は雑誌の記事やお店で何度か見かけて知っている方でしたが、ゆっくり話しをするのは初めて、気さくなお人柄で素敵な方でしたよ、一緒に釣りが出来ていがった(*⌒▽⌒*)どこかで会ったらまたまじぇで下さいね(笑)。







ざっくりですが釣りに関しては、午前の魚は低活性→昼から魚の活性がチョッピリ上がると言ったあんばいの1日でした。





そんな午前の低活性状態の海から魚を出す大輔さんの経験やスキルはすごいな~と思うばかり(・∀・∩)。






自分は午後からの釣果でしたが、まずは立て続けにソイ二匹(笑)。





アイナメの幼魚…。





またアイナメちゃん、トータル4匹でした。






そして実釣終了~、帰りのチャカ付けの時、ショルダーバックが岩にぶつかり押され気味に足を踏み外して海にダイブしそうになるハプニングが(…お恥ずかしい)。

も~ねぇ、久々に言葉が上手く出ないぐらいクッタクタ、その場で出来た事を頑張った釣りでした。



特に最後の二時間…マメフグの下にメジナ発見!興奮のあまり全力で…まさに無我夢中でやったんですがね…棚まで届くが口を使わせる事が出来ず、ずいぶん空回りが多かったんじゃないかと今は悔しく思っています(笑)。


メジナを釣るには落ち着いてやらんとダメですね(´¬`)いや~ハハハハ…トホホ。







大会の閉会式に向かいます。

この時点で盛りだくさんに過ごした釣りの疲れがドット来て、立っているのもオクウな状態。


地べたにドッカリ座ったら気持ち良くてなかなか立てなくなりましたよ(´ー`)燃え尽きましたわ~。






今回の優勝者は福田茂さん!(^^)!タフコンの中、素晴らしい釣果を出し勝利を手にしました、おめでとうございます!。





皆さんお疲れ様でしたヾ(^▽^)ノ。




大雅杯、和気あいあいとした楽しい大会です!、参加出来てホントいがった、事前情報では魚が安定していない厳しい条件での釣りになるのかも?と思って挑みましたが、予想以上に皆さん魚を持ち込まれやっぱ腕なんだなぁ~と最後は笑けなから充実した大会だったと振り返ります(笑)。





目的だった楽しく大会を過ごす事は陸に着いた時のクタクタっぷりから充実感100点満点でクリアーってところか?でも、こころ残りは旨い魚を持ち帰れなかった事…。




ならば!ならばと大会が終了してから、それをクリアーするべく港へ気合いひとつで向かうε=ヾ(*~▽~)ノ諦めが悪いと言うか(笑)。



しかも、こりゃまたクタクタのキヨさんを誘ったら一緒に来て下さるとの事!(≧ω≦)bイェイ。





途中、男鹿の兄貴KAZUMAさんも合流して大会後だと言うのに普通ーに楽しくヒートアップ(笑)。




そして、エサトリも少ない中で激ウマ魚を難無くキャッチ!。



やり~(笑)!。







じゃ~ん(笑)。



50センチそこそこの超食べ頃サイズのスズキ(・∀・∩)これは嬉しかったです!。









……翌日、大会に出させてくれた家族にお礼を込めてスズキを振る舞いました(*^_^*)。







大雅杯、おもしぇがったなぁ~こんどはいつ出れるか分からないど、次回また出れたらいいなぁ。



今一度、大雅杯に参加をした皆様!お疲れ様でした(^人^)大会のみならずどこかで会う事があったらまた仲良くしてくださいね(笑)。




久々の海釣り!。



定休日に男鹿に行って来ました!。



天気が良く気持ちのいい1日。




釣果は脂の乗ったコアジとなりました(^-^)。

面白かった~!。








さて、いきなりですがハサミとスプーンを使いアジの刺身を食べたいと思います。


釣り場で使えるチョッとした技のご紹介、覚えていても損はないと思いますよ(*^_^*)。






お腹をハサミで切って内臓を出す→キレイに水洗います。






タオルで水気を取ったら背ヒレをカット(深めにカット←ここがポイント)。





カットした背ヒレ側の皮を摘まんで引っ張り皮を取ります。







スプーンを中骨付近に刺してスーッと引けば出来上がり。







ハサミとスプーンで魚を捌くでした(・∀・∩)。






アジの刺身は旨いぜぃ(o^-')b!。







海風賞春・桜ダービー(1)。

ようやく参加出来た桜ダービー、今回は男鹿のアニキと一緒にチャレンジ!。


強風&雨の為に釣り方はウキフカセ釣りをチョイス、けれども最近は片手間的にしかやっていなかったので流石にイカンと思い、前日から餌の準備ついでにカズ兄さんへ連絡し、最近の傾向と攻め方など聞く、そうして当日へ挑みましたf(^_^)それでは久々の海釣り更新始まり始まり~(笑)。












いきなりですが到着したのは加茂の港、ここから沖磯へ向かいます。




お世話になりま~す!初めてとなる政運丸さんに挨拶をして乗り込むε=ヾ(*~▽~)ノいよいよ始まるぜい!。










今回の舞台は、金ヶ崎の無名島。




初めての磯、海苔が生えている磯全体がツルツルな磯、かなりツルツルで二人とも大苦戦、黒っぽい所が全部滑ります、移動はリアルに四つん這いでした(笑)。


島周りをクルッと見れば、ノッ込み狙いならすこぶる良さげな磯、いい感じだよ~。






アニキ~今日はよろしくっすヾ(^▽^)ノ。



お~こちらこそ(o^-')b。








久々にコマセをこしらえる。







準備は出来た、さぁ~まずは気持ち良く始めるべく早春の海に軽く手を合わせ挨拶をし、実釣をスタートさせます。




沖磯第一投、今年もヨロシクねってな(笑)う~んいいねぇ♪。











くーっ、コレコレ!ご無沙汰な感じがなんとも楽しく、つい笑みが…ニッシシシ(笑)。







と!横を見るとアニキ、ホッケさんゲット!ブラボー(笑)。


なにせ…最近はホッケさんも釣り物として貴重なのですから。







そうして自分も後に続けとばかりにあの手この手と釣りに取り組む(・∀・∩)。


ムムム!?!?。


その前に、滑る足場にタオルを敷いてブーツのグリップアップ(笑)。



カズ兄さんからのアドバイスを参考に際狙いを軸に釣りを組み立てひたすら遊ぶ、けれどもやはり本命を釣るには…(^-^;まだまだ修行不足でしたー、後から思えばもっとこ~していたら?などなど多々あります。




しか~し(笑)、ちゃっかり魚達とは遊んできちゃいました(≧ω≦)b際は魚の宝庫的な感じです。










沖側の磯際で最初に釣れてくれたのは、アイナメちゃん。







お次はハゼ君、何ハゼかな?そもそもハゼか?いやハゼだろう。


食い気が足りず、針にのらない厄介な魚になってしまっている海たなごをかわす努力をして、コマセと付け餌を離して流し、誘いを入れたら口を使ってくれた可愛いやつ(^-^)。




この時点では、塩焼きがとても美味しい海たなごは、食い気が立ったら狙いましょうと割りきりますヽ(´ー`)ノ美味しいけど、釣れる魚から狙いたいのでひとまずキープです。







そして、何と無く沖に仕掛けをほおったら自分にもホッケさん(*^_^*)イェイ。



ある意味、通年釣れるクロダイより貴重かも?。









それから針に乗らない魚の反応は有るものの、しっくりこないべ~とシビレを切らし陸側の水道へ移動、水道だけに流れがキレイにあり攻めやすい、横に走る水中の溝際を通すと迷い混んできたであろう赤ホッケさんをゲット(*⌒▽⌒*)お~っラッキー。









さらに同じ攻め口で流れに乗せ溝際狙いをしていると立派なアイナメをキャッチ!、メチャクチャ美味しい魚ですよね~料理を思い浮かべると(´¬`)ヨダレがーっ(笑)。



流す距離を増やしながら(徐々に遠投)同じ横に走る溝際をネッチリ使い攻めると、リリースサイズながら可愛い根達が遊んでくれます、これは楽しい(笑)。








などと、もっともっとと楽しく遊んでいたら…ガツンと一発来てサイズアップ成功(*⌒▽⌒*)。










その後はコマセも切れて、最後の釣果はフグ君で実釣が終了となりました。







アニキからの借り物ですが、後から見させてもらった25センチ前後のグッドサイズな海たなご、クロダイを狙いつつ海たなごの食い気が立った瞬間にシフトチェンジして、バタバタとキャッチした様子、流石アニキでしたヽ(^^)。






結局く自分は、他の魚にドハマリしてしまい、海たなごは完全スルー( ̄▽ ̄;)他に意欲が飛んでしまいましてね~アハハ、いや~良く際を流した(笑)しかし、ビックなアイナメの数釣りを本気で狙うなら溝だけではなく陸側から見える先の根周りも狙えば…?などと釣行後に考える程、根魚の存在を感じさせられる日和でしたなぁ~フフフ。









とは言え、一番船で向かい12時上がり、水温は9~10度と低め、雨や風もありましたがその中でも充分楽しめ、早春の釣り物を思いっきり満喫出来ました(*^-^)ノいがったで。










今回の場所へ導いてくれた船頭さん、大荒れの中船を出してくださり、ありがとうございました(^人^)。


男鹿のアニキ!まだチャンスがあったらまじぇで下さいね~また遊びましょう。








釣りが終わり、桜ダービーへ出す魚をお店に持ち込みます。

労いの言葉を掛けてくれて写真をパチリ、ニッカリ顔のカズ兄さんが印象的、今回はクロダイ・真鯛・メジナは無し、+α一匹(他魚種)の登録となりました。


ホッケ:40センチ、まずまずのセンチ稼ぎだ。

こっちは欲を言えばスズキで入れ替えの期待しましょう。



さて、桜ダービー!今年も熱い戦いになるだろうなぁ(*^_^*)いいねぇ!楽しみだ。








そうそう、余談ですが『日増しに状況が良くなるでしょう』と船頭さんがお話しをして下さいました。


今回の釣行は、水温からしてもまさにソレを感じさせてくれましたね(*^_^*)魚がやる気を出してきました。



次回の参戦は5月、何処へ行くか分かりませんが?多分、今回よりもっと水温が高くさらに生命に満ちた海になっている思います、後二回は参加出来そうなので本命のリミットメイク6匹を目標に頑張りましょう(o^-')b次回は紀州ダンゴ釣りでチャレンジしたいですね!。







…桜ダービー参戦、春本番の海へ続きます…。

さぁ、向かおうか。

明日は定休日。


しかし、またしてもあいにくの天気だ…最近はも~(^_^;)休みっちゃ~こうだ(笑)。



もぉ~お天道様には敵いませんな。



そんなんで雨予報の中、今回はウキフカセでチャレンジ!男鹿のアニキにまじぇでもらい、海を目指します。



天気さえ良ければ港で紀州ダンゴ釣りでもと考えていましたが、後のお楽しみとなりました。



しかしながら、ビッチリとウキフカセをやるのは久しぶりな事、それはそれで楽しみで…ニッシシシ。


へタッピながらも頑張るべ、なんでもいいから(o゜◇゜)ゝ釣れてけろ~い(笑)。









FC2カウンター
プロフィール

ランチ

Author:ランチ
ランチ@の日記は、『挑戦する事に損はナシ!』をモットーに釣りや料理、何気ない日々を綴った日記です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Youtube音楽PV集


presented by Youtube音楽PV

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。